WindowsXPをまだ使う

WindowsXPをまだ使う

WindowsXPは2014年の4月でサポートが切れ、Microsoftから修正パッチが提供されなくなります。
これまでは、毎月多くのセキュリティホールが発見されてはアップデートで塞がれることが繰り返されてきたのですが、ついにこのイタチごっこにも終止符が打たれます。

これにより、通常の使用方法でのWindowsXPの運用は、とてもではありませんが出来なくなります。
しかしまだまだWindowsXP上の資産をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

これを、ほぼセキュアに使うことが出来ます。
仮想マシンとして、WindowsXPを別なOSの上で起動するのです。
ポイントがあります。

  • まず十分にパワーがあるマシンを用意する
  • Windowsであれば7か8、MacOSであれば最新版をインストールする(Linuxでも可)
  • VM-Ware、もしくはParallelsなどの仮想マシン構築ソフトをインストールする
    (Windows7であれば純正のVirtualPCが付いきて、WinodowsXP Modeと言う名目でXP環境が(OSを購入せずとも)構築できますし、8では純正仮想マシンHyper-Vが付いてきます。ただしこちらはOSは別途買う必要があります。)
  • 先に用意した新しいOSをメイン環境とし、XPはどうしても使用したいアプリケーションのみ、起動する
  • 書類はXPの環境内に保存し、適宜XP環境のバックアップを行う

この使い方でまるごとXP環境を構築できます。
仮想マシンとして動くXPは、上位のOS内のサンドボックスと呼ばれる箱庭内で動作し、上位OSのファイルを操作することは出来ません。
メールの受信やウェブの閲覧などがウィルスの侵入の主な経路ですから、これをXPで行わないことでウィルス感染の機会は格段に減ります。

XPが万一ウィルスに感染し(これが今後はあり得るのです)データが汚染された場合に備え、バックアップは頻繁に取っておいたほうがいいでしょう。
簡易な方法としては、データフォルダにあるデータを直接ドラッグ&ドロップで上位OSにコピーします。
その他同期ツールを使う場合は、データを過去のバージョンに戻せる物を用意して使えば完璧です。

ちなみにXPがウィルスに感染するなど環境が破壊された場合は、直ちにこの環境を捨てバックアップしておいたXPに戻します。

いかがですか?
とりあえず新しいマシンは用意しましょう。

相談する